酵素食品が人気の理由「まあるい旬生酵素」

この記事は2分で読めます

「ダイエットが継続できない」「肌の調子が悪い」「疲れやすくなった」という、身体のコントロールができないという問題にアプローチするものとして、酵素食品が注目を集めています。消化をするにも運動をするにも、身体が活動をおこなう際にはどこかしらに酵素の存在が役立っています。つまり必要な酵素が不足すると、身体のどこかに不調が出てくるわけです。それを、食品によって補おうとするものです。また、酵素はあくまで自然界で活躍する天然ものなので、科学食品とくらべて安心感を得られるのが人気の理由です。そんな酵素食品のひとつとして「まあるい旬生酵素」というサプリメントがあります。

まあるい旬生酵素は、その名前の通り、丸い錠剤2粒の中に大事な成分がぎっしり詰まっています。主な成分は、植物発酵エキスです。春の人参、夏のトマト、冬のミカンなど、310種類に及ぶ野菜や果物を、それぞれ最大の魅力を発揮する旬の季節に仕込み、素材の持つ発酵力によって酵素が作られています。3年間に渡って発酵を続けられた植物エキスには、身体の働きをサポートする消化酵素と代謝酵素をはじめとして、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、高い数値の栄養素も含まれています。

また、まあるい旬生酵素には、2粒で22種類、合計およそ100億の乳酸菌が含まれています。これらの乳酸菌にオリゴ糖、食物繊維の力が、酵素の力を発揮しやすくなる体内環境に作り上げるためのサポートをしてくれます。さらに、まあるい旬生酵素サプリメントには、生姜と高麗人参に山椒という和漢が、相乗効果を生み出すことができるように絶妙なバランスで調合されています。これらの素材は、身体が熱を生み出しイキイキとしたものになる手助けをしてくれます。

工夫されている点は、成分についてだけではありません。錠剤が丸く押し固められたサプリメントの形を選択していることにも理由があります。酵素というものは熱に弱く、48度以上の高温環境に晒されると活動ができなくなってしまいます。乾燥させる際に高温にする可能性のある粉末状や、食品衛生法上で加熱殺菌が義務づけられているドリンクタイプでは、十分な働きが得られない恐れがあります。まあるい旬生酵素は、野菜や果物を3年間発酵させる際にも、加熱をおこなわず、酵素が生きたまま摂取できるように考えられています。その摂取のしやすさと吸収のしやすさは、しっとりとした見た目の錠剤からも感じ取れるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。